病気や障害のある人でも働きやすく|タクシー会社の求人をチェック

車のおもちゃ

仕組みと稼ぎ方

タクシードライバーは人気のある職種ですが給与は低めの基本給と歩合制になっています。しかしやり方によっては沢山の収入を得ることが可能なのです。どういう仕組であるかを把握する必要があります。

雇用の変化

男女

タクシー会社が取り組んでいる大切なこと

最近障害者の雇用に積極的に取り組んでいるタクシー会社の話を耳にします。タクシードライバーの仕事は日勤だけではなく、深夜の勤務もあり、様々なお客様のニーズにその時々で的確に対応していかなければならず、体力的にも精神的にも強くないとできない職業です。そのためタクシー業界は、慢性的な人手不足に悩んでいます。その中で障害をもった人たちは継続的に勤続年数を重ねており、長い方で勤め始めてから10年になる方もいます。実際タクシードライバーの中には、人工透析をしながら働いている方や、上肢に障害があり義手をつけて勤務しているという方もいます。このように障害者の方も長く勤務することができるのは、上司とのしっかりとしたコミュニケーションと、個々の事情や障害・病気に合わせた勤務シフトが組まれているところにあります。皆で職場環境を良くしようという企業努力が最も大切のことだと思います。タクシードライバーを目指している方は、ぜひ求人情報誌やインターネットなどの求人情報を参考にしてみてください。

介護タクシーを利用する方法

よく街を歩いていると介護タクシーを見かけますが、介護タクシーをどうすれば利用できるかご存知でしょうか。そもそも介護タクシーは、介護の必要な高齢者のために作られたサービスです。ただ、誰でも利用できるわけではなく、条件が設定されています。それは現在介護保険制度が導入されていて、介護サービスを受けるためには介護認定を受けることが必要です。介護認定には要介護と要支援の2種類があります。要介護の方が要支援より重く、より手厚い介護サービスを受けることができます。介護タクシーを利用したいのであれば、要介護以上の認定を受けていることが条件になります。また介護タクシーを利用できるのは自宅療養している方のみで、老人ホームなど施設に入所している方は介護タクシーのサービスを受けることはできません。もしインターネットでの求人情報や求人情報誌をみて、タクシードライバーになりたいと考えている方は知識の一つとして憶えておくといいと思います。

タクシー

タクシードライバー求人

観光客が増えて、タクシードライバーの求人も増えてきています。実は未経験者でも出来る仕事なのです。運転好き、会話好きに方にはオススメの仕事なので、紹介させていただきます。

トラック

ドライバーとして働く

ドライバーにはお客さんを目的地まで運ぶタクシードライバーと、荷物を運ぶ運送業のトラックのドライバーがあります。ドライバーの求人を探す前に、専用の免許を取得する事が必要不可欠となるでしょう。