病気や障害のある人でも働きやすく|タクシー会社の求人をチェック

仕組みと稼ぎ方

車のおもちゃ

タクシーをよく利用される方にお薦めの情報があります。タクシーを降りる直前に料金が上がったという経験をした方結構いらっしゃるのではないでしょうか。タクシーの料金メーター表示には、値段の近くに横バーみたいなものが表示されています。それが、時間や距離によって短くなっていきます。全部なくなると料金が加算されるようになっているという仕組みです。ここをみているかどうかがポイントです。少し手前でも料金の差は歴然なので、今度タクシーを利用する際は料金画面を注意深く見てみてください。また、急いでいる感を出すことも一つのテクニックです。タクシードライバーさんはプロです。大抵は沢山の道を知っています。もちろん抜け道も含まれています。タクシーの料金は時間と距離で決まります。行き先を告げる時に、急ぎということを伝えるだけで得するかもしれません。利用客を増やして稼ぎたいタクシードライバーは、こうした点を考慮し頭の地図をどんどん広げていくといいでしょう。

タクシードライバーの年収は1千万円を稼ぐ人もいれば、3百万円に満たない人もいます。この違いはどこにあるのでしょうか。まずタクシードライバーの給料体系は「低い基本給と歩合制」という成果主義が強い給料体系となっています。そのため、若い人でも年配の方でも歩合制は一緒です。要は、稼げる人と稼げない人では戦略が違うのです。稼げる人は、いかに多くのお客様を乗せるかという回転率とどこのターゲット層をどの時間と場所で狙うかを常に考えています。特に、都心部は一番効率よく稼げます。実際に大手タクシー会社ならどの会社でも都心部に近い営業所ほど売上が良いです。いかに人の行動パターンを読んで、タクシーを利用する人はどういう行動をするのか考えて行動することが稼げるポイントになるようです。興味のある方はぜひタクシードライバーという職業に挑戦してみてください。